分子繁殖学研究室

2018年4月に開設した新しい研究室で、現在、修士課程2名、卒論生3名、事務職1名、ポスドク(博士研究員)1名と教授1名が在籍しています。前職(東大教授)以来、大型研究予算を獲得しながら、全国の共同研究者らと共に英文や和文の論文を出し続けています。研究室の目標は2つ:1つ目は基礎研究で世界のトップに立ち続けること、2つ目は、その研究をベースに生産者が使える技術開発をし、農業に貢献することです。実際、卒論生は世界最先端技術を使いながら牛妊娠成立のメカニズムを研究しており、研究開発では不受胎牛(妊娠していない牛)を早期に発見する技術を開発しています。この研究室では、研究やデスカッションを通じて学生自身の「伸びしろ」に気づかせ、一人一人を育てるという教育を行っています。

タンパク質化学研究室

生物のすべての情報は、遺伝子を設計図として細胞に保存されていますが、遺伝子が作るのはタンパク質だけです。実は、このタンパク質が糖や脂質さらに他の成分を合成するマザーマシンとなっているのです。私たちの体の中では、このようにしてつくられたたくさんのタンパク質分子が働いています。その多くは、酵素として生体反応を効率よくスムーズに行わせるため種々の機能を持っています。これらのタンパク質の構造や機能を調べることにより、生物が生きていくメカニズムや生物の機能を理解することができます。また、生体の中ではこれらのタンパク質の働きでつくり出されるさまざまな成分が働いています。私たちは、この生命をつかさどるタンパク質や生体成分の構造や働きについて研究しています。