農学部Agriculture

  • 農学科
  • 動物科学科
  • 食生命科学科

・食生命科学科・Department of Food life Science

食品安全性学研究室

[平野 将司 准教授]

食の安全・安心を科学する!

【卒業研究テーマ】●核内受容体を介した食品成分の有効性・安全性評価
●小型魚類疾患モデルを用いた食品機能・疾患予防に関する研究
●機能性成分の食品加工への応用に関する研究

私たちは核内受容体(NRs)を軸に食品の安全性・有効性について研究しています。NRsはステロイドホルモンや脂溶性ビタミンをはじめとした生理活性物質をリガンドとする転写制御因子であり、細胞内シグナル伝達を調節することで生体機能に重要な役割を担っています。私たちが経験的に健康に良いと知られてきた食品成分にはNRsのリガンドとして有効性を示す化合物が多く含まれていることが予想されます。一方で、食を介して摂取する化合物の中にはNRsに作用して安全性に関わるものも含まれます。この安全性・有効性の違いを規定する要因について、分子シミュレーションなどの技術を駆使してNRsの分子認識を明らかにし、その活性を細胞内で評価するシステムの構築を目指しています。食品由来化合物の細胞内シグナル伝達を通して健康科学を考えていきます。

●研究室紹介動画はコチラ

動画は準備中です。 戻る